オレンジページで梅クッキングを紹介 料理研究家・貝谷郁子さん(写真付)

2015年06月30日 18時51分 ニュース

料理雑誌「オレンジページ」を発刊する株式会社オレンジページが、昨夜(6/29)、和歌山出身の料理研究家で、フードジャーナリストの貝谷郁子(かいたに・いくこ)さんを講師に招き、東京で南高梅を使った「梅クッキングサロン」を開催しました。

東京・オレンジページのクッキングサロンで

東京・オレンジページのクッキングサロンで

これは、「おいしい!健康わかやま」をキャッチフレーズに、特産の食材の普及に力を入れている和歌山県が協賛した事業で、昨夜6時半から、東京都港区にある「オレンジページ」の事務所で開かれた「梅クッキングサロン」には、主婦やOLらおよそ40人が参加しました。

この中で、貝谷さんは、疲労回復に効果がある南高梅の特性などを説明したあと、梅シロップの作り方を実演し、さらに、タイを使った梅オイルカルパッチョや新しょうがとトマトの冷製パスタなどの作り方を指導していました。

指導する貝谷さん

指導する貝谷さん

参加した人たちは、貝谷さんの指導で梅シロップ作りに挑戦し、和歌山の食材の良さを知る貝谷さんの説明に熱心に耳を傾けていました。

20150629_193127

貝谷さんは、イタリアやアジア、日本の食材の研究やオリジナルレシピの紹介などで知られていて、来月、ミラノ国際博覧会に出展する和歌山県のステージイベントでも、和歌山の食材をPRする予定です。