和歌山大学・南紀熊野サテライトキャンパス オープンセミナー開催

2015年07月31日 19時00分 ニュース

和歌山大学・南紀熊野サテライトキャンパスの今年度後期のオープンセミナーが、来月9日に田辺市で開かれます。

和歌山大学の南紀熊野サテライトキャンパスは、10年前の2005年4月に田辺市新庄町の県立情報交流センタービッグ・ユー内に設置されたもので、和歌山大学と大学院の授業が開講されていて、修士の学位を目指せるということです。

また、地域連携・産学活動として伝統食のブラッシュアップに関する調査を行ったり、地域住民と触れ合う場を多く設けているということです。

今回のオープンセミナーでは、開講されるコースなどの説明が行われるほか、授業の予告編として、経済学部教授の藤永博(ふじなが・ひろし)さんが、「自転車でつくる暮らしと健康」と題してまた、和歌山大学非常勤講師で歴史学博士の小山譽城(こやま・よしき)さんが、「真田幸村の九度山脱出と紀州藩主浅野氏」と題してそれぞれ記念講演を行います。

和歌山大学・南紀熊野サテライトキャンパスのオープンセミナーは、来月9日の午後1時から田辺市の県立情報交流センタービッグ・ユーで開かれます。

参加は無料ですが、受講できるのは先着50人でFAXかメールでの申し込みが必要です。

問い合わせ先は、和歌山大学南紀熊野サテライト、電話番号は、0739―23―3977です。