第12回紀州よさこい祭り 8月1日・2日開催

2015年07月31日 19時05分 ニュース

和歌山市の夏を彩る紀州よさこい祭りが、あすとあさっての2日間、和歌山城周辺を中心に和歌山市内の9つの会場で開かれます。

紀州よさこい祭りは、「和歌山をゲンキにしよう!」と「参加・交流・感動」をコンセプトにNPO法人紀州お祭りプロジェクトが2004年から始めました。

12回目を迎える今年は、県外から過去最高の16チームが参加し、あわせて91チーム、およそ3,500人が、それぞれの会場を盛り上げます。

あすは、「よさこい」が和歌山でどのように始まり、歩んできたのかを躍りで表現する「舞始道(ぶしどう)」が披露され、あさってのフィナーレでは、大賞・金賞・銀賞を受賞したチームによる演舞が 披露されるということです。

また、「よっちゃげて旬店街(しゅんてんがい)」、「子どもわくわくパーク」などの飲食店や体験コーナーも開かれます。

当日は、午後4時から午後10時まで、本町通りの本町3丁目から公園前交差点とその周辺、けやき大通りの西汀丁交差点から本町3丁目交差点とその周辺などで交通規制が行われます。