「県書道資料館 書写書道作品展」の表彰式(写真付)

2015年08月08日 17時48分 ニュース

子どもたちに書道の楽しさを知ってもらおうと、今月2日から開かれていた「第21回和歌山県書道資料館書写書道作品展」の表彰式が、きょう(8日)和歌山市西汀丁(にしみぎわちょう)の和歌山県書道資料館で行われました。

この作品展は、県書道資料館が主催し、和歌山県や県教育委員会、和歌山放送などが後援して毎年開いているもので、今回が21回目です。

今回の作品展には、県内を中心に幼稚園児や小・中学生、高校生から漢字や硬筆など4つの部門に、合わせておよそ5600点の応募があり、厳正な審査の結果、特別賞、優秀賞、特選、それに入選の各賞が決まりました。このうち特別賞と優秀賞合わせて741点が、きょう(8日)まで書道資料館で展示されていました。

表彰式は、きょう(8日)午後3時から、書道資料館の2階大ホールで行われ、県知事賞や和歌山市長賞、それに和歌山放送賞などの特別賞を受賞した100人に賞状と賞品が手渡されると、保護者や関係者らから大きな拍手が起こっていました。

特別賞を受賞した100人が表彰を受けた(8日・和歌山市西汀丁)

特別賞を受賞した100人が表彰を受けた(8日・和歌山市西汀丁)