【全国高校総体】フェンシング女子フルーレ 東晟良3位

2015年08月10日 19時30分 スポーツ, ニュース, 社会

全国高校総体・インターハイのフェンシングは、きのう(9日)、奈良県の桜井市芝運動公園総合体育館で行われ、和歌山北高校1年の東晟良(あずま・せら)が、女子フルーレで3位に入りました。

東は、準決勝で、帝京高校の梅津春香(うめつ・はるか)に、15対10で敗れ、3位決定戦にまわりました。3位決定戦では、岐阜総合学園の辻(つじ)すみれに、15対13で勝って、メダルを獲得しました。

また、男子エペの向陽高校3年・栗栖怜央(くりす・れお)、女子エペの和歌山北高校3年・竹中稚葉(たけなか・わかば)、女子サーブルの和歌山東高校3年・尾崎由依(おざき・ゆい)が、予選トーナメントへ進んでいます。男子フルーレで、向陽高校1年の田中啓暉(たなか・ひろき)が、決勝トーナメント1回戦に進みましたが、敗れました。

他の競技では、アーチェリーで、県立和歌山高校が、男子団体の決勝ラウンド1回戦に臨みましたが、愛知の東海高校に敗れました。

柔道は、男子60キロ級、初芝橋本高校2年の徳本千大(とくもと・せんた)、66キロ級・箕島高校3年の波戸真一(はと・しんいち)、73キロ級・箕島高校2年の桑原宏典(くわはら・こうすけ)が初戦敗退でした。

ソフトボールは、男子の箕島が1回戦敗退、自転車は、男子1キロタイム・トライアル決勝で、和歌山北高校3年の布居大地(ぬのい・だいち)が13位、男子ポイントレース決勝で、和歌山北高校3年の山本慧(やまもと・けい)が、17位でした。