県警直江本部長が就任記者会見 抱負を語る(写真付)

2015年08月11日 19時41分 ニュース, 社会

今月(8月)7日付で着任した和歌山県警察本部の直江利克(なおえ・としかつ)本部長がきょう(11日)、着任後初めて記者会見し、「安心、安全な和歌山を実現できるよう尽くしていきたい」と抱負を語りました。

抱負を語る直江本部長(8月11日 和歌山県警察本部にて)

抱負を語る直江本部長(8月11日 和歌山県警察本部にて)

きょう、和歌山県警察本部で開かれた記者会見で直江本部長は抱負について「9月に行われる紀の国わかやま国体に向けての諸対策を行っていきたい。安全で安心な和歌山を目指して、微力ながら尽くしていきたい」と述べました。

また、直江本部長は和歌山の印象について「色で言うとオレンジで、豊かな自然と歴史を持っているというイメージです。和歌山の人とも仕事をしましたが、明朗快活なイメージのある人が多い印象で、こういった場で仕事ができることを楽しみにしています」と話しました。

直江本部長は大阪府出身の49歳で、東京大学経済学部を卒業後、警察庁に採用され、茨城県警察本部の警務部長や警察庁の広報室長などを歴任してきました。