県下高校野球新人戦 有田中央・和商・智辯和歌山・桐蔭が8強へ

2015年08月29日 16時10分 ニュース

県下高校野球新人戦は、きょう(29日)県内2つの球場で、3回戦合わせて4試合が行われました。

上富田町の上富田スポーツセンター野球場で行われた、笠田対有田中央は5対0で有田中央、和歌山商業対高野山は4対0で和歌山商業がそれぞれ勝ってベスト8へコマを進めました。

一方、田辺市龍神村の田辺市グリーングラウンドで行われた、智辯和歌山対初芝橋本は7対1で智辯和歌山、田辺工業対桐蔭は9対5で桐蔭がそれぞれ勝って、ベスト8進出です。

あす(30日)も、県内2つの球場で3回戦の残りあわせて4試合が予定されています。上富田スポーツセンター野球場では、午前10時から紀北工業対箕島、熊野対市立和歌山の2試合が行われます。一方、みなべ町の千里ヶ丘球場でも午前10時から南部龍神対新翔、神島対和歌山北の2試合が行われる予定です。