全国高等学校総合文化祭の入賞者が知事訪問(写真付)

2015年08月31日 18時36分 スポーツ, ニュース

文化系のインターハイ、「全国高等学校総合文化祭」の入賞者がきょう(31日)、受賞報告のため和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事を訪問しました。

知事を訪問した入賞者(8月31日 県庁にて)

知事を訪問した入賞者(8月31日 県庁で)

先月28日から今月1日まで、滋賀県で開催された「第39回全国高等学校総合文化祭」には和歌山県内の高校生が日本音楽や写真など4部門で5つの高校が入賞しました。

きょうは入賞した5つの高校の生徒あわせて26人が県庁の仁坂知事を訪問し、仁坂知事に結果を報告しました。

これに対して仁坂知事は制作意欲の源や制作過程の苦労話を質問していました。

ヤゴやヤモリなどの写真を撮影し、写真の部で全体の2位にあたる文化庁長官賞を受賞した和歌山市立和歌山高校2年生の山田遥香(やまだ・はるか)さんは「まさか入賞するとは思っていなかったので、うれしかったです。元々、虫とか小さい生き物が好きで、知ってもらいたくて写真を撮りました。」と話していました。