京奈和道開通記念・JA紀の里「オータムフェスタ」開幕(写真付)

2015年09月12日 15時30分 ニュース, 社会, 経済

京奈和(けいなわ)自動車道の紀の川・岩出根来(いわでねごろ)間が開通したのを記念して、JA紀の里は管内の3つの直売所で、きょう(12日)から「オータムフェスタ」を開いています。

OINACITYの試食コーナー(9月12日・岩出市荊本)

OINACITYの試食コーナー(9月12日・岩出市荊本)

JA紀の里は京奈和道が岩出市まで開通することで、これまで以上に多くの観光客が管内に新鮮な農産物を買い求めに訪れるとみていて、開通日のきょうから来月(10月)12日までの1か月にわたって、紀の川市の「めっけもん広場」と、岩出市の「OINA CITY(オイナ・シティー)」「根来さくらの里」の管内3つの直売所で同時にオータムフェスタを開いて、秋の恵みを提供しています。

「けんか地鶏」の唐揚げ

「けんか地鶏」の唐揚げ

このうち、岩出根来インター南のOINACITYでは、紀の川市桃山町特産の「けんか地鶏」の唐揚げや、冬瓜の煮物、ブドウの試食コーナーが設けられ、買い物客が足を止めて味わっていたほか、3店舗共通で、和歌山市のバウムクーヘン専門店「グラフミューラー」と共同開発した、米粉を使ったバウムクーヘン「京奈和ばぁむ」の限定販売なども行われました。

JA紀の里では「期間中、シルバーウィークや国体、10月上旬の3連休が含まれ、多くの皆さんに管内の秋の恵みを楽しんでほしい」と話していて、このあとも各店舗ごとにお彼岸用の花の販売や、料理教室、国体開催記念イベント、梅干し初売りイベント、新米のすくい取りイベントなど沢山の催しを用意しています。