「681系特別列車であわら温泉へ」JR西日本和歌山支社が募集中

2015年10月03日 13時27分 ニュース, 交通, 社会, 経済

JR西日本和歌山支社が、和歌山県内を普段走っていない車両に乗って、福井県のあわら温泉へ行く旅行を企画していて、参加者を募集しています。

今回の旅行は「北陸ディスティネーションキャンペーン」の一環として企画されたもので、今月11日・日曜日からの1泊2日で、往路は団体専用列車に乗って福井県のあわら温泉を訪れるものです。

往路の専用列車には、通常「特急しらさぎ号」として名古屋-金沢間のJR北陸線と東海道線を走る681系車両が使われます。681系車両は、大阪と金沢を結ぶ「特急サンダーバード」と似ていますが、窓枠の下に青とオレンジの線が引かれているのが特徴です。

和歌山エリアから北陸への直通列車や、和歌山県内で681系車両が走るのは今回が初めてで、旅行を主催するJR西日本和歌山支社は「貴重な機会なので、ぜひ多くの人に参加して頂きたい」と呼びかけています。

参加申し込みの締め切りは今月6日火曜日で、詳しい問い合わせ先は、日本旅行Tis和歌山支店・電話073-432-8377です。