【国体】空手で3人が優勝

2015年10月03日 21時38分 ニュース

白浜町の町立総合体育館で行われている空手では、3人が優勝しました。

成年男子の組手個人中量級では、和歌山県スポーツ振興財団の北原暉人(きたはら・あきと)選手が、決勝で大阪府の選手に判定で勝って優勝しました。

また、成年女子・組手個人では、近畿大学4年の岩戸美紗(いわと・みさ)選手が、決勝で茨城県の選手を1対0で破って優勝しました。

少年男子の形では、大阪学芸高校3年の藤田心(ふじた・こころ)選手が、岡山県の選手に5対0で勝って優勝しました。

また、成年男子・組手個人重量級では、京都産業大学4年の鹿村裕明(かむら・ひろあき)選手が、3位決定戦に勝って3位入賞を決めました。