【国体】柔道・成年女子が3位、少年女子が5位入賞

2015年10月03日 21時39分 ニュース

和歌山市の和歌山ビッグウェーブで行われている柔道では、成年女子のチーム和歌山が3位に、少年女子が5位にそれぞれ入賞しました。

柔道・成年女子のチーム和歌山は、株式会社ミキハウスの山部佳苗(やまべ・かなえ)選手と和歌山県庁の高橋(たかはし)ルイ選手、有田川町立白馬中学校教諭の小松柔(こまつ・やわら)選手の3人で、準々決勝で、天皇杯を争う東京都チームを破って、準決勝に勝ち上がりましたが、埼玉県チームに敗れ、3位決定戦に回りました。

そして、3位決定戦では、茨城県チームと対戦し、全員が勝って3位入賞を決めました。

このほか、柔道では、いずれも紀央館高校3年の松田(まつだ)なみき選手、山本七海(やまもと・ななみ)選手、阪部りり子(さかべ・りりこ)選手の3人でつくる柔道・少年女子のチーム和歌山が5位に入賞しました。