和歌山市が来年度の当初予算編成方針を発表

2015年10月09日 18時46分 ニュース, 政治, 経済

和歌山市はきょう(9日)、「まち、ひと、しごとの創生」を推進するための来年(2016年)度当初予算編成方針を発表しました。

発表によりますと来年度の予算編成では、各部局に対し、今年度と比べて2%から10%の減額を求める予算要求枠を設定し、既存事業の見直しや廃止も含めた事業の重点化を図る一方、浮いた予算については地方創生の予算にあてることにしました。

一方でそれ以外の新規事業については国や県の補助制度が活用できるものに限り、国などに対しては補助制度の新設も要望します。

和歌山市では来年度の予算を今年度と同じ程度の1520億円と見込んでいて、今年度計上された国体関連予算およそ20億円も有効的に使いたいとしています。