司法書士による成年後見相談会開催

2015年10月12日 18時46分 ニュース

高齢者や障害者を狙った悪質商法や詐欺が後を絶たないことから制度化されている成年後見人制度を知ってもらおうと、きょう(12日)和歌山市で、司法書士会などが中心になって相談会を開きました。これは、県司法書士会と、成年後見センター・リーガルサポート和歌山支部が開いたものです。相談会では、専門の行政書士が訪れた人からの相談にあたりました。成年後見人制度は平成12年に制度化され、司法書士会でも積極的に取り組んでいます。相談会では、一人暮らしの人や、相続人の中に認知症の人がいて遺産分割の話しが進まない、知的障害の子どもの将来が心配だといった深刻な問題について相談に応じていてきょうも市民から熱心な相談がありました。成年後見人の詳しいことについては、県司法書士会電話073-422-0568でも相談に応じています。