「紀州梅バーガー」連覇達成

2015年10月12日 18時45分 ニュース, 社会, 経済

地元の特産品を使ったご当地バーガーの日本一を決める「とっとりバーガーフェスタ2015」が、きょう(12日)鳥取県の国立公園・大山(だいせん)で開かれ、紀州南高梅を使った和歌山県の「紀州梅バーガー」が、去年(2014年)に続く連覇を達成しました。

ことし(2015年)は北海道から沖縄まで全国16都道府県から31チームが参加しました。

そして2日間に買った人の投票と審査員の採点で順位を決めた結果、紀州梅バーガーが連覇を達成しました。

紀州梅バーガーは、南高梅や紀州うめどりのカツをバンズに挟んでいるほか、ソースやピクルスにも梅を使っています。

チーム代表の町山恵留夫(まちやま・けるぷ)さん49歳は「去年優勝し重圧がありました。和歌山の魅力が丸ごと詰まったバーガーをより沢山の人に食べてほしい」と語りました。