男女共同参画推進事業者に下津の介護福祉事業者をあらたに認定

2015年10月13日 18時30分 ニュース, 政治, 社会

男女がともに生き生きと安心して働ける職場や環境づくりに取り組んでいる企業を応援している和歌山県は、きょう(13日)あらたに、海南市下津町(かいなんし・しもつちょう)の介護福祉事業者を「男女共同参画推進事業者」に登録しました。

これは、県が2005年度から展開している「男女共同参画推進事業」の一環で、県に申請して承認された企業や事業者に対して、登録証を交付しています。

きょうあらたに登録証が交付されたのは、海南市下津町の介護福祉事業者「有限会社こころ」で、男女を問わず公平な勤務評定を行っているのをはじめ、短期労働者から正規労働者への登用や、職員の能力アップのための研修や資格取得などの費用助成、それに育児をしている職員の勤務時間を柔軟に調整したり、育児休業取得時間を拡充するなど、働きやすい環境づくりに取り組んでいることが高く評価されました。

県の男女共同参画推進事業に登録されたのは、これで83事業者となり、海南市下津町を管轄する海草振興局管内では13事業者となります。

県では、男女共同推進事業者の取組みや申請の方法などをホームページで紹介していて、多くの登録申請を引き続き募集しています。