強風の農業被害額確定・663万円あまりに

2015年10月16日 19時11分 ニュース, 社会, 経済, 防災

今月(10月)1日から2日にかけての強風により和歌山県内で発生した、農作物やビニールハウスの被害額は最終的に663万6千円となったことが、和歌山県のまとめでわかりました。

県・農林水産総務課によりますと、強風により、紀の川市と海南市でキウイフルーツの果実が傷つき、360万円の被害になったのをはじめ、紀の川市で、イチジクやカキ、それにミカンが、風に擦れたり枝が折れたりするなどして、合わせておよそ480万円の被害となりました。

また、和歌山市や海南市など、紀北と中紀の4つの市と3つの町でビニールハウスあわせて36棟が壊れ、およそ183万円の被害となり、農業関係全体の最終的な被害額は663万6千円になりました。