第601回番組審議会

2015年10月28日 12時19分 スポーツ, ニュース

和歌山放送の第601回番組審議会がきょう(28日)開かれ、紀の国わかやま国体の競技結果などを紹介する番組「紀の国わかやま国体がんばれ!チーム和歌山」について審議が行われました。

この番組は44年ぶりに和歌山県で開催された、第70回国民体育大会、紀の国わかやま国体での和歌山選手団=チーム和歌山の活躍を伝えたもので、国体会期中の毎朝、前日に行なわれた競技の入賞選手やチームの活躍を紹介するとともに、選手へのインタビューや当日の競技予定も盛り込みました。

審議番組となった9月29日の放送では、レスリング競技で優勝し、現役引退を表明した湯元進一(ゆもと・しんいち)選手や、フェンシング少年女子フルーレで連覇した、チーム和歌山への取材リポートなどを伝えました。

番組審議会では委員から「盛り沢山な内容をバランスよく納めている」「引退を表明した湯元選手へのインタビュー取材は貴重なもの」といった意見が出されたほか、「ボランティアなど大会を支えた人たちの活躍も今後、取り上げてほしい」といった意見も出されました。