「世界津波の日」制定へ・二階総務会長らが和歌山で会見(写真付)

2015年12月05日 14時00分 ニュース, 政治, 社会, 防災

ニューヨークで開かれた国連総会の委員会で、4日、日本が主導して提案した、11月5日を「世界津波の日」に制定する決議案が、満場一致で採択されました。

記者会見のもよう(12月5日・和歌山市・自民党和歌山県連)

記者会見のもよう(12月5日・和歌山市・自民党和歌山県連)

東日本大震災の発生から来年の3月で5年となるのを前に、津波の脅威に対して国際的な意識を高めるのが狙いで、自民党の二階俊博(にかい・としひろ)総務会長が提唱し、日本など142ヶ国が共同提案していました。日本政府の関係者によりますと、津波に特化した国際デーは初めてです。

「世界津波の日」に指定された11月5日は、江戸時代の1854年のこの日、安政の南海地震で津波が押し寄せた際に、積まれた稲わらに火をつけて村民を高台に誘導した、広川町の「稲むらの火」の逸話にちなんでいて、日本では、この日が「津波防災の日」に制定されています。

決議は、今後、国連総会の本会議に送られ、再び採択されて確定する予定です。

安倍晋三(あべ・しんぞう)総理大臣は、採択を歓迎して「我が国が培った防災の知見や経験を活かし、今後とも、より強靱な国際社会の構築に貢献していきます」という談話を発表しました。

「世界津波の日」制定の喜びを語る二階総務会長

「世界津波の日」制定の喜びを語る二階総務会長

また、自民党の二階総務会長は、きょう午前10時半から和歌山市の自民党県連で記者会見し「国際的に難しい問題が山積する中で、思い切って共同提案したところ、ほとんど根回しもせず採択され、大変嬉しく思う」と喜びを語りました。

そして今後については「世界に発信していくため、地元・広川町などで英語の教育を充実させていく必要があるし、文部科学省にも働きかけ、児童や生徒が学べるようにしていきたい」と訴えました。