朝の冷え込み厳しく、この冬最低に

2015年12月30日 17時28分 ニュース, 防災

きょう(30日)の和歌山県地方は、山間部や内陸部では軒並み氷点下になるなど、朝は多くのところで、この冬一番の冷え込みとなりました。

アメダスによりますと、高野町高野山で氷点下5・4度、有田川町清水で氷点下3・3度、田辺市の栗栖川と龍神で氷点下3・2度など山間部や内陸部で冷え込みました。このほか和歌山市でも1・5度、串本町潮岬で4・4度まで下がり、いずれもこの冬一番寒い朝となりました。

あす(31日)の大晦日、あさって(1日)の元日の朝の気温は、平年並みかやや高めとなりそうです。