岩出警察署管内で泥棒被害相次ぐ・注意呼びかけ

2016年01月04日 17時50分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

年末年始にかけて、岩出警察署管内で住宅からお金などが盗まれる被害が増えているとして、警察は戸締まりの徹底や、無造作に財布や大金を室内に放置しないよう、注意を呼びかけています。

岩出警察署によりますと、管内では、留守中の家に侵入してお金などが盗まれる泥棒被害がこの年末年始にかけて発生していて「家を留守にするときは、ちょっとの間でもきちんと戸締まりをしてください」と注意を求めています。

また、夜間にも同じような泥棒被害が考えられるとして、岩出警察署は「寝る前にもきちんと戸締まりをして、家の中に大金を置いたり、お金の入った財布やかばんを床や机、棚の上などに無造作に置かないでください」と重ねて呼びかけています。

県・警察本部では、このような県民の安全・安心に関する情報をメールで提供する「きしゅう君の防犯メール」サービスを行っていて、県警のホームページから誰でも無料で配信の申し込みができます。