亀田和毅2階級制覇めざす、スーパーバンタム級へ

2016年01月10日 17時33分 スポーツ, ニュース

WBO・元世界ボクシング機構バンタム級王者で亀田(かめだ)3兄弟の三男、亀田和毅(かずき)24歳は、きょう(10日)、キャンプ地の上富田町で記者会見し、「一つ階級を上げて、2階級制覇の方向でいきたい」とスーパーバンタム級で闘うことを明らかにしました。

去年(2015年)、バンタム級の世界戦で2試合とも敗れた亀田は「減量がきつく、最高の状態でリングに上がることができなかった」と階級を上げる理由を説明しました。所属ジムの会長らが、日本ボクシングコミッションに処分され、日本国内で試合ができない状態が続いていることから4月ごろにアメリカで試合をする方針だということです。

元世界3階級王者で、去年10月の試合後に引退を表明した長男の興毅(こうき)さんは「ゆくゆくは和毅を日本のリングに上げたい。亀田3兄弟の全ての経験をつぎ込み、万全の態勢でサポートしたい」と話しました。キャンプは、この日から、今月(1月)15日までの予定で行われます。