和歌山市の成人式会場で20歳の男性殴られ意識不明

2016年01月10日 22時52分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

きょう(10日)午後、和歌山市の成人式会場で、20歳の男性が殴られ、意識不明の状態で病院に運ばれました。

和歌山東警察署は、成人式の参加者同士によるトラブルとみて、現場から立ち去った男の行方を追うなど調べています。

きょう午後2時半ごろ、和歌山市の新成人を祝う「はたちのつどい」が開かれていた和歌山ビッグホエールの敷地内で、「男性がけんかで殴られて意識がない」と友人の女性から119番通報がありました。

和歌山市消防局によりますと、殴られた男性は急性硬膜下血腫のため、意識不明の状態で、市内の病院に運ばれ、手当を受けています。

「はたちのつどい」は午後2時半までで、警察は、参加者同士によるトラブルとみて、傷害の疑いで、現場を立ち去った20歳くらいの男の行方を追っています。

警察によりますと、病院に運ばれたのは、和歌山市に住む20歳の男性で、飲酒をしていたという情報もあります。男性は、男ともみ合いになった末に転倒し、頭を踏みつけられたり、顔面を殴られたりしていたということです。