近畿地方も25日まで、気温かなり低く、海上は風強く

2016年01月23日 18時56分 ニュース, 社会, 防災

大阪管区気象台によりますと、近畿地方は、あさって(25日)にかけて強い冬型の気圧配置となり、気温も平年よりかなり低くなる見込みで、気象台では強風をはじめ積雪や路面の凍結、水道管の凍結などに注意するよう呼びかけています。

近畿地方のおよそ1500メートル上空には、氷点下12度以下の強い寒気が流れ込むと見られていて、和歌山など近畿南部でも山地では、あす(24日)午後6時までの24時間に多いところで10センチの積雪が予想されています。

また、あす(24日)にかけて予想される最大風速は、近畿南部の陸上で15メートル、海上で20メートルで、海上では4メートル前後の高い波が続く見込みです。