和歌山市が来月1日からPM2・5の測定値をメール配信

2016年01月26日 19時22分 ニュース, 社会

和歌山市は、大気汚染物質PM2・5の1時間当たりの測定値を配信するメールサービスを、来月1日から始めると発表しました。市環境政策課によりますと、県内の市町村では初めてのサービスということです。

来月1日から配信される情報はPM2・5の値が基準値を超えた場合に発表される注意喚起情報と毎日午前6時から午後6時までの間、1時間当たりに観測された値です。

観測地点は、和歌山市立湊小学校や小倉小学校など市内6か所で、和歌山県がおととし12月から配信している情報とは違うものとなっています。

また、和歌山市は、PM2・5とともに、5月から10月の期間限定で、光化学オキシダントの速報値や注意報も配信するということです。

メールの受信方法は、和歌山市のホームページで確認できます。