南方熊楠賞に中沢新一氏

2016年03月04日 18時10分 ニュース

田辺市と南方熊楠顕彰会は博物学や民俗学の分野で顕著な業績のあった人に贈る第26回南方熊楠賞に明治大学野生の科学研究所所長の中沢新一氏65歳を選んだときょう(4日)発表しました。授賞式は今年5月7日に行われます。

熊楠賞に選ばれた中沢氏は、地形と人文学を融合した研究「アースダイバー」で注目されています。

選考委員会は、宗教学をはじめ、人類学や民俗学などに取り組み、従来の枠組みにとらわれない研究成果を実現しているとしています。またアースダイバーの研究は、現代人に新しい知見と感性を切り開く可能性があると評価しました。