県神社庁の庁長に熊野本宮大社の九鬼宮司

2016年03月31日 17時44分 ニュース, 社会

和歌山県神社庁のトップにあたる庁長にあす(1日)付で、熊野本宮大社の九鬼家隆(くき・いえたか)宮司が就任することになりました。

これはこのほど開かれた協議委員会で選任されたものです。

九鬼宮司はいまの田辺市本宮町出身の59歳で、國學院大學文学部神道学科を卒業後、明治神宮に奉職し、2001年に熊野本宮大社の宮司に就任しました。

また、県神社庁では田辺市・西牟婁郡支部長などを務めていました。

任期は2019年3月末までの3年です。