古座川町で震度4 津波被害の心配なし

2016年04月01日 12時34分 ニュース, 交通, 社会, 防災

きょう(1日)午前11時39分頃、三重県南東沖を震源とする地震があり、古座川町で震度4を観測しました。気象庁は、この地震により日本の沿岸で若干の海面変動があるかもしれませんが、津波の被害の心配はないとしています。

各地の震度は次の通りです。

●震度4…古座川町

●震度3…田辺市、新宮市、那智勝浦町、太地町、串本町、御坊市、広川町、印南町、みなべ町、三重県熊野市、三重県紀北町、三重県津市、大阪市、奈良市など

●震度2…白浜町、上富田町、すさみ町、北山村、和歌山市、海南市、橋本市、有田市、紀の川市、岩出市、紀美野町、かつらぎ町、湯浅町、有田川町、美浜町、日高町、由良町、日高川町

●震度1…九度山町、高野町

 

気象庁によりますと、震源地は三重県南東沖で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・1と推定されています。

県警察本部や地元消防によりますと、和歌山県内での地震によるケガ人は確認されていません。

また、県によりますと、県内での地震による被害の発生報告は入っていないということです。

JR西日本和歌山支社によりますと、県内では、緊急地震速報を受信した紀勢線の特急6本を含む列車14本が緊急停車しましたが、ケガ人はなく、その後、運転を再開しました。