連合和歌山「第87回メーデー和歌山県中央集会」30日開催

2016年04月28日 19時04分 ニュース, 社会

和歌山県内最大の労働団体・連合和歌山が主催する「メーデー和歌山県中央集会」が、あさって(30日)和歌山城・砂の丸広場で開かれます。

ことし(2016年)で87回目を迎える中央集会では、幼稚園や保育園など、就学前教育の無償化の推進などを訴えながら、労働者の団結を呼びかけます。

当日は午前9時半から会場周辺でデモ行進が行われたあと、午前10時半から中央式典が開かれ、連合和歌山の小林茂(こばやし・しげる)会長が式辞を述べる予定です。

また会場の砂の丸広場では「それいけ!アンパンマン」ショーや、音楽演奏、よさこい踊り、福引き抽選会などのステージイベントのほか、献血コーナーや飲食物を販売する模擬店、ミニトレインの乗車体験、それに何でも労働相談コーナーが設けられ、親子で一日楽しめるようになっています。