和歌山市で10回目の「城下町バル」

2016年05月07日 16時14分 ニュース, 社会, 経済

お得な5枚つづりのチケットを手に、好きな飲食店で限定メニューを楽しむ「城下町バル」が、きょう(7日)和歌山市で開かれています。

今回が10回目となる城下町バルには、居酒屋やバー、カフェ、さらに和食や中華など70余りの飲食店が参加していて、それぞれの店の自慢のメニューを気軽に楽しむことができます。

対象の店舗は、ぶらくり丁周辺をはじめ、南海和歌山市駅周辺やJR和歌山駅前のあろち地区など広い範囲に及ぶため、無料の巡回バスが出るほか、相互タクシーでもチケットを利用することができます。5枚つづりのチケットは、当日料金が3400円で、京橋プロムナードに設けられているバルの開催本部で購入することができます。また余ったチケットは、あす(8日)から14日まで、金券としてバルに参加した店舗で使うことができます。

詳しくは、実行委員会事務局電話 070・6503・3797です。