春季高校野球県予選ベスト4出揃う

2016年05月08日 19時02分 ニュース

きょう(8日)県営紀三井寺球場で、春の近畿地区高校野球大会和歌山県予選の準々決勝4試合が行われ、有田中央、紀央館、日高中津、智辯和歌山がベスト4に進出しました。第一試合の有田中央対田辺工業は、8回コールド 7対0で有田中央が勝ちました。第二試合の南部龍神対紀央館は、7回コールド 9対2で紀央館が勝ちました。第三試合の市立和歌山対日高中津は、1点を追う日高中津が9回裏2点を挙げ、逆転サヨナラ勝ちしました。第四試合の日高対智辯和歌山は、5対1で智辯和歌山が勝ちました。

この結果準決勝戦は今月14日田辺市の田辺スポーツパーク野球場で開かれ、午前10時から有田中央対紀央館が、午後零時半から日高中津と智辯和歌山が対戦します。