関電が電線復旧の技能研修会 (写真付)

2016年05月26日 19時38分 ニュース

関西電力和歌山支社はきょう(26日)、台風で電線が切れるなどの被害が出たという想定で、和歌山市毛見の琴ノ浦訓練場で研修会を開き、和歌山県内の各営業所から参加した28人がチームに分かれて、復旧の速さと安全性を競いました。

研修の様子(高圧電線の復旧作業)

研修の様子(高圧電線の復旧作業)

この研修会は、災害で被害を受けた電線などを修理する技能を高めようと、関西電力和歌山電力部が毎年開いているもので、高圧電線を修理する部門と、家庭への引き込み線を取り扱う部門に、和歌山、橋本、田辺、新宮の各エリアから代表チームが参加して腕を競いました。

高圧電線を扱う部門では、1人が地上から指揮し3人が高さ12メートルの電柱に上ったり、高所作業車を使ったりして、壊れた高圧開閉器や碍子(がいし)の取り替えなどを行いました。

修正DSCF1713

会場の訓練場では、審査を担当する技術職員が様子を見守り、重いものをつり下げるときなどの安全性を確認したり、早く作業できるかなどをチェックしていました。

地上から指示する

地上から指示する

 

和歌山電力部の谷口淳二(たにぐち・じゅんじ)部長は、「1分でも早い復旧を目指しながら、安全最優先で取り組めるよう研修を積んでいます。南海トラフ巨大地震が発生すれば、広域で被害が発生することになるので、そうした事態にも対応できるよう、これからも取り組んでいきたい」と話していました。