「片男波JAZZ」小雨の中盛り上がる(写真付)

2016年05月28日 18時13分 ニュース, 社会

ジャズの演奏を届けることで、人同士のつながりを作ろうと、きょう(28日)和歌山市の片男波公園野外ステージで「ジャズハートライブ」が開かれました。

小雨交じりの中、大勢の人がジャズの演奏を楽しんだ(28日 片男波公園)

小雨交じりの中、大勢の人がジャズの演奏を楽しんだ(28日 片男波公園)

ジャズハートライブは、2008年に脳梗塞になり言語障害から懸命のリハビリを経て復帰した、和歌山市の歌手・さつきさんが「障がいを抱える人が、青空の下に出掛けるきっかけを作りたい」と、おととし初めて開き、今回が3回目です。

きょう(28日)の和歌山市内は、あいにくの小雨交じりとなりましたが、ライブでは、さつきさんや県内のグループが、伸びのある歌声やドラム、サックスの巧みな演奏を披露すると、観客は傘を指しながら大きな拍手を贈っていました。

イベントを主催するジャズシンガー・さつきさんも熱唱

イベントを主催するジャズシンガー・さつきさんも熱唱

和歌山放送では、来月(6月)12日と19日のいずれも夜7時から、きょうのライブの模様をお送りします。