わんぱく相撲和歌山市で開く

2016年05月29日 18時39分 ニュース

子どもたちに相撲を通じて心身の成長を図ってもらおうと和歌山市の県営相撲場できょう(29日)、わんぱく相撲和歌山場所が開かれました。これは和歌山青年会議所が県相撲連盟などの協力で開いたもので今回が23回目です。小学1年から6年までのおよそ240人の小学生が参加して取り組みが行われました。個人戦はトーナメント形式で、団体戦は参加小学校の総合得点方式で行われました。参加した子どもたちは元気一杯の取り組みをしたあと、ちゃんこ鍋が振る舞われたり、もち投げも行われ催しを楽しんでいました。