第20回「和歌山県花いっぱいコンクール」参加者募集

2016年06月09日 21時28分 ニュース, 社会

和歌山県内の自治体や企業、NPO法人などで構成する「和歌山県 花を愛する県民の集い」は、ことし(2016年)も、県内各地で花のあるまちづくりに取り組む個人や団体を表彰する「和歌山県 花いっぱいコンクール」の参加者を募集しています。

和歌山県では、いまから45年前の「黒潮国体」の時に行われた県民が街を花で彩るおもてなしを契機に、毎年「花と緑の豊かなふるさとづくり」運動が繰り広げられています。

1996年からは個人や団体などの活動を表彰する「和歌山県 花いっぱいコンクール」がスタートし、ことしで20回の節目を迎えます。

主催する県民の集いでは、ことしも、県内で自ら花づくりや、育てた花を使って街を彩る活動を行っている個人や団体、企業、学校、幼稚園などから活動事例を募集し、優れた活動を表彰します。

応募方法は、県庁の県民生活課や各振興局の総務県民課などで配布している応募用紙に必要事項を記入したものと、花壇や作業の様子が満遍なくわかる写真を複数同封し、来月(7月)29日までに県庁県民生活課へ郵送するか持参してください。

優秀作品は、ことし10月中旬に開かれる予定の「和歌山県 花を愛する県民の集い」で表彰されることになっています。

なお、応募用紙は県のホームページからもダウンロード出来ます。