和歌山県が東京五輪、パラリンピックでカナダ、オーストラリア、トルコのホストタウンに。

2016年06月14日 18時18分 ニュース

2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックで、和歌山県がカナダ、オーストラリア、トルコ共和国のホストタウンに登録されました。これらの国とスポーツや人的な交流を深めていくことで2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けて県内のスポーツに対する気運を盛り上げていきたいとしています。カナダとオーストラリアは県と和歌山市が共同で申請しておりカナダは和歌山からの移民の歴史があることや水泳の事前キャンプ地に選ばれていることが評価されました。オーストラリアは、2015年の北京世界陸上選手権開催で、和歌山市が事前キャンプに選ばれたことが評価されました。またトルコは串本町と那智勝浦町と県の共同申請で認められたものでエルトゥールル号の事故をはじめとしたこれまでの友好関係が評価されました。和歌山県の仁坂知事はホストタウン交流事業を通じて より一層3か国とのスポーツや人的交流を推進して東京オリンピック、パラリンピックの大会成功に貢献したいとコメントしています。