和歌山市・自宅に放火容疑で42歳男を逮捕

2016年07月10日 22時33分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

今月(7月)7日のよる、和歌山市内の自宅に火をつけて半焼させたとして、この家に住む42歳の無職の男が、現住建造物等放火の疑いで、きのう(9日)和歌山北警察署に逮捕されました。

逮捕されたのは、和歌山市木ノ本(きのもと)の無職・西本清孝(にしもと・きよたか)容疑者42歳です。

和歌山北警察署の調べによりますと、西本容疑者は、今月7日の午後10時ごろ、木造平屋建ての自宅に火をつけて半焼させた疑いです。

出火当時、自宅には西本容疑者と69歳の母親の2人がいて、いずれも和歌山市内の病院で治療を受けましたが、命に別状はなく、その後の警察の事情聴取に対して、西本容疑者が自宅に火をつけたことを認める供述をしたため、きのう午前10時すぎに、現住建造物等放火の疑いで逮捕されました。

西本容疑者は自宅で母親と2人暮らしだったということで、警察が詳しい動機などを調べています。