北山村長選告示・48年ぶりの選挙戦に

2016年07月12日 19時13分 ニュース, 政治

任期満了に伴う北山(きたやま)村長選挙が、きょう(12日)告示され、無所属の新人2人が立候補し、1968年以来、48年ぶりの選挙戦に入りました。

立候補したのは、届け出順に、遊戯用自転車製造販売会社社長の阪上博行(さかうえ・ひろゆき)候補66歳と、元・北山村議会議員の山口賢二(やまぐち・けんじ)候補66歳です。

2000年7月の初当選から4期16年務め、すべての選挙で無投票当選を重ねてきた現職の奥田貢(おくだ・みつぐ)村長74歳は、高齢による健康問題を理由に、先月14日、今期限りでの引退を表明しました。

投票は今月17日の午前7時から午後6時まで、村内4つの投票所で行われ、午後8時から北山村大沼(おおぬま)の村民会館で即日開票されます。

北山村のきのう現在の選挙人名簿登録者数は412人、このうち18歳と19歳は4人です。