【高校野球】 和高専が集中打で県和歌山にコールド勝ち

2016年07月16日 19時06分 スポーツ, ニュース

第3試合の県立和歌山と和歌山高専の対戦は、序盤に集中打で得点を重ねた和高専が、今大会初のコールドゲームで勝って3回戦に進出しました。

1点を追う和高専は3回、県立和歌山先発の山田(やまだ)を攻め、ヒットとデットボールのランナーを1・3塁に置いて、5番福井(ふくい)がライト前にタイムリーを放ち同点に追いつき、さらに満塁から7番堀江(ほりえ)が左中間を抜ける走者一掃の2ベースで3点を追加、4対1と逆転に成功しました。

さらに和高専は5回、ヒットとデットボールで満塁のチャンスに8番土井(どい)のタイムリーで1点、そしてここで交代した2番手ピッチャー・小崎(こさき)が押し出しのフォアボールを与えて、さらに1点を追加しました。なおも和高専は、2番中芝(なかしば)の走者一掃のタイムリーヒットで3点を挙げ、この回一挙5点を追加、9対1とリードを広げ試合を決めました。

これに対して県立和歌山は毎回のようにランナーを出しますが、和高専エースの土井(どい)、2番手ピッチャー阪中(さかなか)に要所を押さえられ、7回に犠牲フライで1点を返しましたが反撃及ばず、結局、和高専が7回コールド9対2で県立和歌山に勝って3回戦に進みました。

勝った和高専は、大会9日目第1試合で貴志川と紀北農芸の勝者と対戦します