【高校野球】和歌山東がシード校の有田中央をやぶる

2016年07月22日 19時56分 ニュース

第2試合の有田中央対和歌山東の対戦は、序盤からリードを拡げた和歌山東が、終盤追い上げるシード校の有田中央を7対5で振り切って3年ぶり2度目のベスト8進出を決めました。

和歌山東は1回、有田中央先発の仲(なか)を攻めて5番・三川(みかわ)のタイムリーヒットで1点を先制すると、2回に2点、3回に1点を追加し、4対0と、序盤の戦いを優位に進めました。

これに対して有田中央は、6回、和歌山東のエース、森下(もりした)から8番・仲(なか)のタイムリーヒットでようやく1点を返しましたが、和歌山東は、その後、8回に3点を追加し、7対1とリードを広げました。

有田中央は、終盤、和歌山東の2番手投手、野口(のぐち)から8回に2点、9回にも2点を返して2点差に迫りましたが、あと一本が出ず、結局、7対5で和歌山東がシード校の有田中央に勝って3年ぶり2度目のベスト8入りを決めました。

勝った和歌山東は、準々決勝となる大会11日目の第2試合で、和高専と対戦します。