JR紀勢線で落石 一時運転見合わせ

2016年10月01日 16時43分 ニュース, 交通

きょう(1日)午後、JR紀勢線の紀伊浦神駅と紀伊田原駅の間で落石があり、紀勢線は紀伊勝浦駅と紀伊田原駅の間で一時運転を見合わせ、およそ360人に影響が出ました。

きょう(1日)午後1時40分頃、JR紀勢線の那智勝浦町・紀伊浦神駅と串本町・紀伊田原駅の間に落石があるのを、この区間を走行していた普通電車の運転士が見つけました。

JR西日本和歌山支社によりますと、落石は確認できただけで2個あったということで、JR西日本では午後3時半過ぎまでのおよそ2時間にわたって、紀伊勝浦駅と紀伊田原駅の間で列車の運転を見合わせました。

このためJR紀勢線は、特急2本を含む上下合わせて4本の列車が新宮駅と串本駅の間で部分運休したほか、特急1本を含む3本の列車に15分から10分の遅れが出て、およそ360人の乗客が影響を受けました。