【台風18号】和歌山県への最接近は5日夕方から夜にかけて

2016年10月04日 20時09分 ニュース, 防災

非常に強い台風18号は、東シナ海を北上中で、和歌山県には、当初の予想よりやや遅くなって、あす5日の夕方から夜にかけて、最も接近する見込みです。

台風18号は、「猛烈な」台風から「非常に強い」台風に変わり、きょう午後7時には、東シナ海にあって、1時間におよそ30キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧はやや高くなって925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルで、中心から半径90キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっています。

台風は、今後、次第に東寄りに進路を変え、あすの朝には、対馬海峡に進み、さらに和歌山県に接近する見込みです。

和歌山地方気象台によりますと、和歌山県に最も近づくのは、あすの夕方から夜のはじめ頃にかけてとみられ、当初の予想よりやや遅くなっています。

これに伴って、風と雨が強くなる時間帯も遅くなる見込みで、風については、5日の夕方から夜遅くにかけて海上と北部の沿岸で非常に強くなる見込みで、予想される最大風速は、北部の海上で25メートル、北部の陸上と南部の海上で20メートルとなっています。

 

また、予想される波の高さは、北部6メートル、南部5メートルで、ともにうねりを伴う見込みです。

一方、雨については、5日の昼前から夜遅くにかけて局地的に雷を伴い激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

5日に予想される1時間の雨量は、多いところで、北部、南部ともに40ミリ、きょう午後6時からの24時間に降る雨の量は、北部、南部ともに80ミリで、あす5日の午後6時からの24時間には、北部、南部ともに100ミリから150ミリとなっています。

和歌山地方気象台は、暴風と高波に警戒し、土砂災害や浸水害、河川の増水や高潮、竜巻などの激しい突風や落雷に注意するよう呼びかけています。