「女性起業家のための商標・意匠活用講座」11月2日開催

2016年10月20日 19時15分 ニュース, 社会, 経済

自分の経営する企業の強みを活かした販路の開拓や集客、ブランドづくりについて専門家が語る経済産業省主催の講座が、来月(11月)2日の午後1時半から和歌山県民文化会館で開かれます。

これは、今年度(2016年度)経済産業省が展開している「女性起業家応援セミナー」の一環として開かれるものです。

当日は、講演とパネルディスカッションの2部構成となっていて、第1部の講演では、レクシア特許法律事務所の松井宏記(まつい・ひろき)弁理士が「知らなかったでは済まされない!商標と意匠 基礎知識と戦略」と題して、商標や意匠の戦略的な活用について語ります。

第2部のパネルディスカッションでは「強みを活かす販路開拓・集客とブランド化 先輩起業家に学ぶ」と題して、女性起業家コミュニティ「わくらく」を主宰する三根早苗(みね・さなえ)さんをコーディネーターに迎え、和歌山県のスターフードジャパン株式会社・代表取締役の新古祐子(しんこ・ゆうこ)さんと、第1部で講演した松井弁理士がそれぞれの経験を語る予定です。

定員は先着15人、参加費は無料で、講師による相談会もあります。

申し込みと問い合わせは、大阪の女性起業家応援セミナーの事務局で応じています。ウェブサイトを確認するか、電話06(6944)1173に問い合わせて下さい。