和歌山市の山田 至さんに「エイジレス章」

2016年10月26日 19時19分 社会

高齢者が年齢にとらわれず、自由で生き生きとした生活を送る「エイジレス・ライフ」を実践している人を表彰する、ことし(2016年)の「エイジレス章」に、和歌山市に住む山田 至(やまだ・いたる)さん 82歳が選ばれました。

これは、内閣府が高齢者やこれから高齢になる世代に向けて参考となる生き方を示そうと、毎年、エイジレス・ライフを実践している高齢者や就労や地域の社会活動などを積極的に行っている高齢者グループを紹介するとともに表彰しているものです。

章に選ばれるのは、過去に培った知識や経験をいかして、それを高齢になっても社会に還元し活躍している人や地域社会の中で地域住民のリーダーやコーディネーター的な役割を発揮し、生き生きと生活している人などです。

今回受章した山田さんは、サラリーマンを退職した後も、地域社会に少しでも貢献しようと、「いききシニアわかやま」の運営委員をつとめていて、シニア体操教室や日帰り旅行などのイベントを企画して実施したり、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズ「ラフターヨガ・わかやま」のリーダーとして地域住民向けの講演会や教室を開くなど、介護予防の活動にも力を入れています。