近畿宝くじ・幸運の女神が和歌山放送に(写真付)

2016年10月26日 19時22分 ニュース, 社会

1等・前後賞あわせて1500万円が当たる「第2511回・近畿宝くじ」の抽選があす(27日)和歌山市で行われるのを前に、きょう(3日)午後、宝くじの「幸運の女神」が和歌山放送を訪れました。

高山さん(左)と和歌山放送の中島社長

高山さん(左)と和歌山放送の中島社長

「第2511回・近畿宝くじ」は今月(10月)12日からきのう(25日)まで近畿2府4県で販売され、あす、4年ぶりに和歌山市で当選番号の抽選会が行われます。

この抽選会を前に、きょう午後2時半、福岡県出身で第37期「宝くじ幸運の女神」の高山友里(たかやま・ゆり)さん25歳が和歌山市湊本町の和歌山放送本社を訪れ、「和歌山の皆さんにたくさんの幸運が訪れることをお祈りしています」と抽選会をPRしました。

賞金は1等1000万円が1本、2等100万円が20本、3等2万円が200本などとなっています。