潮岬の磯場で田辺市の男性死亡

2016年10月31日 20時37分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

きのう(30日)から串本町潮岬(くしもとちょう・しおのみさき)に釣りに出かけたまま行方不明になっていた田辺市の24歳の男性が、きょう(31日)午後、海中から遺体で発見されました。

死亡したのは、田辺市神子浜(みこのはま)の大工、堅田捷吾(かただ・しょうご)さん24歳です。

串本警察署によりますと、堅田さんは、きのうの午前2時ごろ、自宅から1人で潮岬方面に釣りに出かけましたが、きょうになっても戻らず、携帯電話もつながらないため、家族が110番通報し、警察と消防、海上保安部が捜索しました。

その後、きょう午後2時前、潮岬灯台の北西およそ250メートル先の磯場の海に釣り道具が浮いているのを警察官が見つけ、消防の潜水隊員が水深およそ3・2メートルの海底付近で堅田さんが沈んでいるのを発見し、救助しましたが、死亡が確認されました。

警察が死因などを詳しく調べています。