嘘の交通事故で保険金詐取、2人逮捕

2016年11月21日 14時20分 ニュース, 事件・事故・裁判, 社会

和歌山県警交通指導課と田辺・湯浅警察署はきょう(21日)、嘘の交通事故で保険会社2社から慰謝料などあわせて380万円を欺し取ったとして、詐欺の疑いで上富田町朝来(あっそ)の無職・小川 諭(おがわ・さとし)容疑者26歳と白浜町日置(ひき)の無職・山口敦央(やまぐち・あつひろ)容疑者27歳の2人を逮捕しました。

警察の調べによりますと、ことし(2016年)9月12日、白浜町内の道路で、山口容疑者運転の車が小川容疑者の車に追突して、それぞれケガをしたという交通事故を作り上げ、それそれが加入している保険会社2社から、慰謝料や休業補償など、あわせて380万円を欺し取った疑いです。警察は、不正請求の情報を内偵して調べていました。