大鍋が人気、和歌山市・市場まつり(写真付)

2016年12月04日 16時32分 ニュース, 経済

市場に親しんでもらうとともに、元気な市場をPRする恒例の「市場まつり」がきょう(4日)、和歌山市西浜(にしはま)の和歌山市中央卸売市場で開かれ、およそ3万人でにぎわいました。

大鍋料理の販売

大鍋料理の販売

会場では、冬の味覚「クエ」や「カニ」、「アンコウ」の鍋料理を販売する大鍋(おおなべ)コーナーや、野菜や果物、海産物の販売コーナーに午前10時のオープン1時間以上前から、長い列ができていました。そして、5千食分用意された鍋料理も昼までに相次いで完売となりました。また、「アンコウ」と「マグロ」の解体即売も行われ、人気となっていました。そして、来場者は、市場のセリ体験や、兄弟お笑い芸人・すみたにの漫才を楽しみながら、温かい鍋料理を味わっていました。

にぎわう市場まつり

にぎわう市場まつり

また、午後からは雨も降り始めましたが、会場では、和歌山地域密着型アイドルFUN×FAM(ファン・ファン)のステージやお楽しみ抽選会で盛り上がっていました。

盛り上がるFUN×FAMステージショー

盛り上がるFUN×FAMステージショー