集団行動など日体大の実演会、和歌山市で開催

2016年12月04日 18時55分 スポーツ, ニュース

整然とした隊列行動で人気の「集団行動」などを実演する日本体育大学の体育研究発表実演会が、きょう(4日)午後、和歌山市の和歌山ビッグホエールで行われました。

実演会は、午後3時から行われ、日体大の松波健四郎(まつなみ・けんしろう)理事長が、あいさつで、「オリンピックムーブメントを地方に波及させるため、和歌山での開催となった」と話しました。

このあと、現役大学生らの体育発表に移り、バスケットボールやハードルなどの陸上、鉄棒や平均台の体操、それに、トランポリンなど、14の競技が披露されました。そして、整然とした隊列を組んで行進する集団行動の演技には、会場いっぱいの観客から拍手や歓声がわき上がっていました。