「第69回和歌山市中学校駅伝」開かれる

2016年12月10日 15時31分 スポーツ, ニュース

「第69回和歌山市中学校駅伝」が、きょう(10日)紀三井寺公園陸上競技場とその周辺コースで行われ、男子は西脇A、女子は明和Aが、ともに大会新記録で優勝しました。

6区間18・9キロで争われた男子は、1区3・4キロで貴志Aが先頭でタスキリレーしましたが、2区以降の5選手がいずれも区間新記録をマークした西脇Aが、1時間0分35秒の大会新記録で優勝しました。2位は貴志A、3位は西脇Bでした。

一方、5区間13・5キロの女子は、1区2・8キロを17秒差の首位で通過した明和Aが、2区2・7キロで大きく差を広げると、その後も安定したリードを保ち、49分0秒の大会新記録で優勝しました。2位には東A、3位には有功Aがそれぞれ入りました。